ブスに花束を。

ブスに花束を。42話「新日常」ネタバレ感想

ブスに花束を。42話

ヤングエース2019年12月 ブスに花束を。42話「新日常」のネタバレあり感想です。

あらすじ

41話「どこにでもある恋の話」でついに彼氏彼女の関係になった、田端さんと上野くん。

付き合いだしたことは内緒にしよう、と決めた2人ですが、田端さんも上野くんも嘘が下手なので、鶯谷さんと大塚さんに勘付かれてしまいます。

鶯谷さんと大塚さんは、昨日4人(田端さん、上野くん、大塚さん、新橋くん)で映画にいった帰りに田端さんと上野くんが2人して先に帰ったことから、何やら進展があったかなと思い、密かに喜んでいました。

しかし、今朝の田端さんと上野くんの態度から、もしかしてまた2人の関係がこじれてしまったのでは?と心配して…

細かい見どころ:少しずつ進展する、それぞれの関係性

いつもの朝、だけど上野くん進化してる

田端さんは号泣告白の翌日で、泣いて目が腫れ、寝不足でクマができてひどい顔を洗面所で呆然と見つめるシーンから始まります。

今までなら自分の見た目なんて気にしていなかったのに、上野くんと彼氏彼女の関係になったとあっては気にせずにいられない…(だって、好きな人に見られちゃうもんね)

いつも通り誰もいない教室についてからも落ち着かずに、スマホで自分の前髪を気にしちゃう田端さんが可愛すぎる!(そこは鏡じゃないのね??最近のJKはスマホで確認なのね??)

ブスに花束を。42話
ヤングエース2019年12月 ブスに花束を。42話「新日常」より

そしてそこに早めについた上野くんが、花をまき散らしながら「おはよう田端」って間髪入れずに言うのも良い。前なら、自分の恋心に気付いて、田端さんの姿を見ると一瞬ためらって話しかけてたのに、とにかく早く田端さんに会いたい!挨拶したい!話したい!があふれる上野くんが可愛すぎた。

相変わらずだなと思ったのは、上野くんの「田端に会いたくて」の笑顔を受けて、次ページで照れまくる田端さんがくるのかと思いきや、上野くんの台詞を反芻しながら宇宙へワープしちゃう田端さん。

うん、本当相変わらず。急に「きゅん」とかされて頬染められると萎えるけど、そこはブス花分かってるね!

上野くんに、昨日泣いていたことについてご両親が心配していなかったか聞かれて、「映画で号泣したと説明したから問題なかった」と答える田端さん。さすがは田端さん、隠し方が上手いね。

かたや上野くんは、弟の圭介くんにバレそうだった、と冷や汗顔です。相手が圭介くんとあっては、誰であっても隠し通すのは難しそう。何しろ長年無理目な恋をしている、恋愛歴で言ったら上野くんのはるか先輩ですからね。

それでもバレていないよ、とお互いの約束を再確認する上野くん。嬉しそうにする上野くんに照れつつも、そろそろクラスメイトが登校してくる時間だから、と上野くんから離れる田端さん。

1人になった上野くんは「ちゃんとできてたかなあ?もう田端が泣かなくていいように俺がしっかりしないとな」と決意を新たにガッツポーズです。あんな、のほほーん、と常にバックに花をまき散らしていた上野くんが…田端さんを困らせないように、人にバレたくたい気持ちを尊重して行動する。さすがはザ・純真無垢。

2人の恋路を陰ながら応援していた2人

ところかわって下駄箱前。ちょうど登校してきた鶯谷さんと大塚さん。

大塚さんが、昨日4人で一緒に映画に行き、帰りには上野くんと田端さんがそろって先に帰ったので、どうやら進展したようだ、と話します。

大塚さんは「あの流れはもう付き合ってるな!」とムフムフ笑顔、鶯谷さんも表面上は笑顔ですが、うちなるブラックうぐちゃんは、背中を押した自分に何も報告はないのか、と上野くん相手にもやっとしています。(そんな感情もあるのね?振った相手に自分の恋愛進展報告とか…する?)

2人の目の前にトイレから出てきた田端さん。が、なんと白目にクマに、とひどい顔。心配する2人に私の目はいつも腫れぼったいので!と苦しい言い訳をして逃げ出す田端さん。

結果、上野やらかし案件なのではないか、と疑惑勃発です。

バレてはいけない!田端さんと上野くんの必死の対応

大塚さんと鶯谷さんは、上野くんに「昨日はなにかあったのか」と探りを入れます。

一瞬ドキリとした表情をしつつも「別に…何も?」と答える上野くんですが、顔をそむけることでより一層有罪確定では?と疑われます。ここでの疑いは2人の距離が進展したことではなく、むしろ後退したのでは?ということですが。過去の上野くんがしでかしてきた諸々の出来事から、悪い方向にしか考えられない2人なんですね。

上野くんから聞き出せなかった2人は、いつも通り誰も来ない階段でお昼のお弁当を食べる田端さんにも探りを入れます。3人でのランチタイムに慌てつつ、上野くんから夜電話しても良いかとLINEENがはいり、更にテンパる田端さん。

喜びを必死で隠そうとしたため、いったいどんな感情だったらその表情になるのか!?と2人を余計に不安にさせるような、絶妙な顔になってしまいます。

うぐちゃんと田端さんの距離が縮まる

ヤングエース2019年12月 ブスに花束を。42話「新日常」より

↑今回一番ドキッとしたシーンです。

放課後、日直で日誌を書いていた田端さんのもとに、大塚さんと鶯谷さんがやってきます。

日誌を書いている間もため息ばかりだったと心配する鶯谷さんに、大丈夫です、とその場を立ち去る田端さん。を追いかけてからの、鶯谷さんのこの表情!(やっぱりうぐちゃん可愛い)

ブス花って、主人公の田端さんは喪女設定で、ライバル(だった?)鶯谷さんはみんなからの人気者の美少女なわけですが、この2人がなかなか仲良くならない点が、妙にリアルでいいな、と思います。

属するグループも違うし(田端さんはぼっちだから、そもそもグループに属していないけど)一緒にいる時間も決して長くない。そんな2人が、いくら上野くんを巡って多少接する時間が増えたとはいえ、そんなに急激には友情は芽生えないですよね。

ゆっくり、上野くん絡みでお互いの良い所も悪い所も知っていく、少しずつ距離が縮んでいく様が描かれているのが、ちょっとリアルでイイ。恋のライバルに友情が芽生えるというのは、本当のリアルではあり得ないかなとも思いますが、この、少しずつ少しずつ、なところがブス花らしくて好き。

鶯谷さんも、ただ田端さんの良い面を見て田端さんが好きになって友達になる、のではなくて、良い面も駄目な面も知りつつ、更に放っておけない田端さんと上野くんの関係を見て、ついついお節介を焼いちゃう。そこに鶯谷さんの根の良さというか、結局は性格が良いのね、とほのぼのします。

是非、この廊下でのシーンは漫画で見てほしいです!

これぞ、新日常

結局、大塚さんと鶯谷さんにバレてしまいました。

いつも田端さんがぼっち飯を食べていた階段に、上野くん、大塚さん、鶯谷さん、そして田端さんが集合しています。この図だけでも、もう、新日常って感じですね。

ヤングエース2019年12月 ブスに花束を。42話「新日常」より

鶯谷さんが静かにお怒りである点が、笑えます。常に笑顔。なのに怒り。

大塚さんと鶯谷さんが去ったあと、田端さんは2人にバレてしまったことを謝罪した上で、「ほかに相談した人がいるなら、報告していい」と伝えます。

自分の、他の人にバレたくないという気持ちよりも、上野くんの気持ち(相談した人にはきっと進捗報告したいだろうな、という気持ち)を優先させる田端さんに、上野くん笑顔です。

こういう相手のことを第一に考える田端さんが、上野くんが好きになった田端さんですね。

次回は再び、あの人が登場!?

夜、上野くんがバイトから帰っている途中で、バイト仲間の赤羽くんがやってきます。

赤羽くんは前に会った時(4人で映画に行った日に、田端さんと上野くんが2人きりでいた時のことですね)に空気を悪くしたお詫び、と言ってコンポタの缶を差し入れてくれます。それに対して、じゃあ俺も話の途中で帰ったから、とコンポタを奢り返します。

うん、上野、なんてやつだ…!!

そんな人間ウケの良い上野くんに、赤羽くんは「田端に伝言を頼めないか」と相談を持ち掛けるのです。

まとめ

前回がドッキドキのドッキドキの超展開だったので、比較すると大人しめでした。でも、主要メンバーのそれぞれの関係性をじっくり描いていて、ゆっくりじっくり深まる関係性にもニマニマしました。

鶯谷さんが、長い間田端さんという存在を見続けた結果、自分のキャラ設定も忘れるくらい田端さんのことを心配して行動するまでになった…尊い…!

次回は、順調に進みそうな田端さんと上野くんの中を引っかきまわしてくれそう?な赤羽くん回になりそうです。前回の 41話「どこにでもある恋の話」 の回想シーンでは、そこまで絡みがありそうに見えなかったけど、過去にどんな出来事があったのでしょうか。待ち遠しいです!

では、最後までお読みいただきありがとうございました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です