ブスに花束を。

ブスに花束を。第46話「100点彼氏」ネタバレ感想

ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」のネタバレあり感想です。

あらすじ

期末テストが近付くある早朝。上野くんと田端さんは教室に飾る花の手入れをしています。田端さんと一緒に過ごす時間を増やしたい上野くんですが、なかなか思ったようにいかないようです。

そんな時、井上くん、木村くん、新橋くん、五反田くん、上野くんの5人で、試験勉強をすることに。それぞれ試験勉強には身が入らず、どうやら恋愛絡みの悩みがあるようで、いつしか恋愛トークに花が咲いて…

細かい見どころ:本当のところは2人にしか分からない

期末テスト目前にして、みんなで勉強することに

「テストがやばい!」と叫ぶ井上くん。
普段は彼女の黒川さんに勉強を教えてもらっていたようですが、理数系まで面倒見れないと見捨てられたとのこと。

ゆみちゃんという彼女のいる木村くんも、今回は勉強に身が入らなくてヤバいと言い、自然とみんなで勉強する流れに。ファミレスは長居ができないので、五反田くんの家に集まることになりました。

黒丸

今回、メインじゃないキャラがたくさん出てきて、このキャラ名前なんだっけ?彼女は誰だっけ?って最初なったわ。

ブスに花束を。 井上くん
ブスに花束を。 井上くんと黒川さん
ブスに花束を。 木村くん
ブスに花束を。 由美ちゃん(木村くん彼女)

五反田くんの家には、井上くん、木村くん、新橋くん(トム)、上野くん、の4人で行くことに。トムは前回の鶯谷さんとのこともあり、ちょっと気まずそうです。

勉強どころじゃない、男子高校生の悩みは恋愛にあり

五反田家につくと早速エロ本探しを始める井上くん。しかし、五反田くんは姉もいてプライバシーがないので持っていないとのこと。

井上くんはいつも誰かの部屋にいくとエロ本探しを始めるそうですが、未だに見つけられたのはトムの『ぬるぬる天国』のみだそうです。

黒丸

エロ本探すのは高校生男子にはあるあるなの?
いや最近ならもっぱら動画なんじゃ…

いちおう勉強を開始しますが、1時間も経たないうちに休憩、と言い出す井上くん。

「最近 黒川とのデートがマンネリ気味なんだよな」

と言い出します。お金もないのでファストフードで安く長く居座ることが多く、バレンタインのお礼も兼ねてサプライズデートを仕掛けようかと考えているそう。

ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
黒丸

ガン無視で問題を解く木村くん五反田くんに対し、必死で食いつく上野くん!恋愛初心者として必死で情報収集する上野くんが可愛すぎる!

女子の好みが分からないから、サプライズデートの内容が決まらずに悩んでいる井上くんに、上野くんは内心共感します。バレンタインでもらったチョコレートが嬉しかったから、田端さんを喜ばせてあげたい、と思う上野くんです。

井上くんと黒川さんのお悩み

女子の好みが分からない井上くん。

キスする時も「ムードがない」と黒川さんに言われているそうです。

黒丸

上野くんが「キス!?ムード!?」とどぎまぎし、田端父から言われた「くれぐれも程々に」の言葉を思い出して、はやいはやい、と首を振るのがかわいいw

ムードを出すために、デート中に壁ドンを織り交ぜたらどうかと相談する井上くんに、トムは「大事なのは”女子が”喜ぶかではなく”黒川が”喜ぶことだ」と諭します。

黒丸

トム!ここぞとばかりのキメ顔!
(なのに決まってない)

その達観した発言に彼女でもできたみたいだと言いますが、トムは「逆だよ、俺は失恋したんだ。」と告げます。

「誰かさんは彼女が出来て幸せの絶頂かもしれないけどな」

とトムが発言したことで、自分と田端さんのことをしゃべってしまうのか、と焦る上野くん。

五反田くんとうぐちゃんの関係は…

トムの言う「彼女が出来て幸せの絶頂」の人物とは、上野くんのことではなく、五反田くんのことでした。

トムは「少年たちのバレンタイン」で五反田くんと鶯谷さんが付き合いだしたと思っていたようです。何の話だかわからない五反田くん。

「俺たちの中が変に見えたなら
 行き違いがあってギクシャクしてたからだろ」

ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より

そう言いながら、他のメンバーも鶯谷さんに変な事を言わないように釘をさします。

黒丸

うぐちゃんが出てくるシーンだけ、妙に少女漫画だ…こんな儚げなうぐちゃんを思い返せるなんて、五反田くんは既にうぐちゃんに惚れているのでは…
いやでも2人にはまだそこまでの関係にいって欲しくない気持ちも…

トムは、付き合っていないことが事実だとしても、五反田くんにとって鶯谷さんは特別な存在なんだろうと心の中で悪態つきます。

『鶯谷は ただの友達なんかにはあんな顔しない ―ーとは教えてやらないオレだぜ!』

黒丸

仮に、五反田くんとうぐちゃんがそういう関係だったとして、いくら間接的に振られているとはいえ、トムに報告しなくちゃいけない義理はないんだけど…
でもちょっとトム切ない。告白して振られるばかりが正解じゃないよね。

ここでまた空気の読めていない上野くんが、「鉄男と鶯谷がいい友達なのはなんかわかるよ俺 だって前一緒に鍋――」と口走るところ、鉄の表情で五反田くんがコブラツイストかまします。

黒丸

こういうのズルいよねー
なんでもない関係だけど、でも2人きりで会ってることは内緒にする…それはうぐちゃんのため?だけ?

木村くんとゆみちゃんのお悩み

と、ここで木村くんが盛大に大きなため息をつきます。(構ってくれと言わんばかり)

彼女のゆみちゃんの誕生日に備えて、内緒で豪華なデートの準備をするためにバイトを始め、そのせいで忙しくなりゆみちゃんへの連絡がおろそかになってしまった様子。

「学校も違って普段会えないのに連絡も取れないって
 私達付き合ってる意味あるのかな」

黒丸

これはまぁ…「恋人とはどのくらいの頻度で会いたいですか」って質問があったら十人十色。個人的には毎日連絡取りたいところだけど、高校生だと、自分ばっかり連絡するのも…ってヤキモキするね!
連絡を取りたがる方が好き度が強すぎて損しているみたいな…
おばちゃんはね、そんなんで体裁気にして我慢するくらいならガンガン行っといたほうがいいよ。いつ会えなくなるか分からないんだから。

電話した方が良いんじゃないか、の言葉にも

 ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より

と弱気な木村くん。

黒丸

いや、だからね?おばちゃんが余計なこと言いますけど、自分が傷つくこと恐れて立ち止まんなよって話なんですよね。別れたことになってるのかどうななんて分からないじゃん!聞けよ!電話しろよ!
聞いて分かれたことになってたとしたってさ、知ったことによって対策もとれるじゃん!何もしない時間が解決することもあるけど、だいたいの場合はもったいないだけどからな!
自分が傷つくことを恐れんなよッ!貴重な高校生活なんだぞ!

(と、おばちゃんが散々イケメンにつっこんだところで)

上野くんが「そんな行き違いで別れるなんて悲しすぎるって!」

と体を起こします。(よく言った)

「木村がまだ彼女のこと好きなら ちゃんとあって話した方がいいと思う」

いや本当、正にそれです。と読者の心の代弁者になる上野くん。

「あと…」

ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より

ペンを片手にメモする気満々の上野くん。ここで申告な雰囲気を一機にぶち壊してくれる天使っぷりが何よりです。

黒丸

上野くんのこう、レベルの低さを(自分の恋愛初心者っぷり)努力して改善していこうとする様がいいよね。
田端さんに真剣だからこそ、真面目に愚直に勉強して取り入れようとする姿に、本当応援したくなる。

その後、みんなにお前が言い出さないから聞かないだけで俺らは分かってるんだぞお前の好きな子!と問い詰められます。眼鏡だろ!そばかすだろ!と責められる上野くん。

あ、あってる!?だと!?

黒丸

ちょっと衝撃。みんなわかってましたね。いやまぁ分かりやすいけど、上野くんが田端さんを好きなんだってことを受け入れているところが、男子高校生の素直な友情っぽくていいね。(女子は否定から入るから)

皆に内緒であるはずが、一瞬で公認の仲になってしまったようです。(男子限定?)

鉄男(五反田くん)姉の愚痴から学べること

と、ここでお酒に酔った五反田くんのお姉ちゃん(京ちゃん)が登場します。

ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より

「マジで彼氏がクソなんだけど!」

どうやらサプライズデートの行き先が高尾山で、ヒールだったお姉ちゃんは、ふもとの店でお茶を飲むプランに変更を申し出ますが「君のために一ヶ月前から計画してたのになあ」と抜かしたようです。
(どうでもいいけど、高尾山にしては装備が重装備過ぎると思うわ)

黒丸

いやぁ、この後のお姉ちゃんの台詞には一言一句異論なしです。

  • こっちの都合を無視したサプライズは迷惑
  • 「君のために」と察しろと言われても無理
  • 大事なことはちゃんと言え
黒丸

うーん、でも、察してって態度に出すのは女性の方が多い気はするけど…男のが「察しろって言われても分からん」という人が多いような…

何はともあれ、五反田くんのお姉ちゃんから、それぞれが大事なことを学んだ一日となりました。

上野くん、渾身の一歩前進

そして期末テストも終わり、上野くんは田端さんに「ちゃんと言う」と心に誓って意気込んでいます。

放課後、田端さんの美化委員を手伝うという上野くん。田端さんが人目を気にすることを予め想定して、ジャージを着てくる気配りも出来ています。これだけで「手伝いをしている上野くん」像が出来上がり、二人のことは怪しまれません。

2人の時間を確保した上野くん、あとは恋人っぽいことを言うだけだ!と思いつつもどうやって切り出したら良いか分からずに気ばかりが焦っています。

もやもやしている時、田端さんから「お手伝いだけでなくこうして一緒にいられるように気を配ってくれてすごくうれしいです」と頬を染めながら感謝の言葉を言われます。

 ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
ヤングエース2020年4月号 ブスに花束を。46話「100点彼氏」 より
黒丸

胸キュンのはずの台詞で、頬を染めるのではなく肥料の袋を足に落としちゃう田端さんが好きだ。これぞブス花という感じで。
少女漫画にはなれないこの漢字が。(だって少年漫画雑誌の連載ですものね)

上野くんは照れながらも、もっと田端さんと一緒にいる時間を作りたいことを伝え、田端さんをデートに誘うのでした。

最後の帰り道、上野くんと別れた田端さんには新たな問題が発生しています。

デートに行く服を買いに行く服すらない…!!

まとめ

今回の見どころは、恋愛初心者の上野くんが自身のスキルアップのために、友人から情報収集をして頑張っているところですかね。そしてハイライトは、既に友人にはバレバレだった上野くんの恋。ですね。

男子高校生が自分の恋愛についてを、こんな感じで語るのかな…いや漫画なんだからいいんだけど、リアリティはいららないんだけど。

木村くんが自分の彼女との話を始めるくだりが、完全な構ってちゃんでびっくりしました。トムだったらやりそうだけど、ああいう切り出し方。

マンガではデートのためとか誕生日のためにバイトを始めるってあるあるだけど、給料は日払いなのかな…ホワイトデーに間に合うのかな…とまた違った方向が気になりました。バイトのシフトを増やした、のではなく、バイトを始めたんだそうだし。月末締め翌月払いだと間に合わない…!!

今回は普段そこまでクローズアップされない、井上くん木村くんの恋愛事情も分かって面白かったですね。彼女サイドではどんな風に思っていたのか知りたいところ。それは次回かなぁ?

関係ないですけど、新型コロナの影響で高校生も休校になって、こういう、卒業までの何とも言えない時間を、友達以上恋人未満のクラスメイトと過ごす、みたいな時間がなくなって本当に可哀そう。無慈悲。仕方がないとは分かってる、だけど、学生時代の一ヶ月って大人になってからの一年分くらいは軽く相当するから…

早く終息するといいですね。。